キッチンリフォームの費用の相場とシステムキッチンの選び方

キッチンのリフォームを検討する場合、気になるのがやはり費用ですよね。
今よりも広いシステムキッチンが欲しいという場合には、どのくらいの金額が必要なのでしょうか。
キッチンのリフォームの相場や、リフォーム例、注意点などをご紹介します。

主婦にとって、キッチンは一日のうち多くの時間を過ごす場所の一つですよね。
今はたくさんの種類のシステムキッチンがあります。
いくつかを比較して、後悔のないリフォームにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

離乳食に関するグッズをプレゼントしたいが、何があるのか

友達や兄妹などの身近な人が出産をした時にプレゼントするものといえば、さまざまなものがあります。可...

キッチンに家具を配置するポイント!冷蔵庫・食器棚の配置場所

キッチンが使いにくくて、家具の配置の場所を変えようと考えている奥さまもいますよね。キッチンで料理...

キッチンの狭い作業台を広く使うためのアイデア

アパートのキッチンなどは狭いことが多く、料理中に材料を切ったり、切った材料をボウルに入れておいたり、...

キッチンの換気扇をつけっぱなしにする意外なメリットと使い方

みなさんはキッチンの換気扇をつけっぱなしにすることはありますか?おそらくは私も含めて、調理中に換...

冷蔵庫の扉の向きで使いやすさが決まる!失敗しない選び方のコツ

冷蔵庫には扉の開く向きの違いにより種類があります。毎日の生活で使う冷蔵庫だからこそ使いやすいものが一...

離乳食に使える便利グッズを100均で揃える!活躍アイテム紹介

これから赤ちゃんの離乳食を開始する予定のママの中には、離乳食を作るグッズを100均で揃えようか悩んで...

キッチンカウンターの高さの決め方は?目的に合った高さ選びを

キッチンをリフォームして対面キッチンにしようと思ったとき、キッチンカウンターの高さをどのくらいの高さ...

キッチン作業台を簡単DIY!DIY初心者も作れる簡単アイデア

キッチンが狭いとお悩みの方は多いと思います。作業をするスペースも狭いと作業がしにくく、使い勝手が悪い...

キッチンリフォームで人気の対面キッチンとは?種類や特徴を解説

人気の対面キッチンにリフォームしようと悩んでいる人もいますよね。対面キッチンには色々なタイプのものが...

コップ袋の作り方!サイズの注意点と袋を手作りするコツについて

幼稚園や保育園の入園準備!手作りしなければいけない布物がたくさんありますよね。もちろん購入することも...

キッチンの間取りのアイデア。メリット・デメリットを比較

キッチンの間取りにはさまざまなタイプがあります。最近のお家は、コミュニケーション重視で、キッチン...

小鉢の食器を選ぶなら北欧ブランドがおすすめ!食卓も華やかに

小鉢の食器を探しているなら、北欧ブランドの食器を選んでみてはいかがでしょうか。価格で躊躇してしま...

キッチンを手軽にDIY!タイルシートなら賃貸住宅でも大丈夫

「オシャレなキッチンの壁にしたいけど賃貸住宅だから難しい」と考えている人もいますよね。賃貸住宅は、壁...

幼児の食器の選び方!人気のデザインや機能でピッタリな食器選び

これから離乳食を開始する赤ちゃんのママの中には、幼児の食器はどのようなものが人気なのか・どうやって食...

浄水器が蛇口から外れないときの対処法!無理せず正しい外し方

浄水器が蛇口から外れないときはその外し方が間違っているのかもしれません。無理に外そうとすることで、逆...

スポンサーリンク

キッチンのリフォームに必要な費用は?リフォームの相場

長く住んでいるお家のキッチンをそろそろリフォームしようか、と考えると一番最初に気にかかるのは価格のことだと思います。

どれくらいの費用がかかるのか少し調べてみました。

キッチンのリフォームの相場と価格

一戸建てのキッチンの場合

一戸建てのキッチンのリフォームの費用は全体で100万円~150万円ほどが相場のようです。
設置したいシステムキッチンの価格やどのようなリフォームにするかということによって開きがありますが、安く済ませたご家庭では70万円ほどのお値段でリフォームできたということもあるようです。

一戸建てのキッチンのリフォームは壁付きの状態から対面式に作り変えたりと出来る施工の幅もあるようなのでお好みで価格とリフォームの仕方を選べるようです。

マンションの場合の費用

30万円~120万円くらいの相場でキッチンのリフォームがされているようです。多く行われているリフォームだと60万円~90万円くらいの価格帯での施工が多数です。
マンションによっては間取りも変更できるので、各マンションの大家さんに相談してみましょう。

キッチンのリフォームは様々な種類があるのでご自宅にどのようなキッチンがほしいか、そしてどのようなリフォームが可能かということを軸に考えてみるといいかもしれません。

キッチンのリフォーム費用は種類とグレードによって違いがある

キッチンのリフォームはキッチンの種類とグレードにより費用がかわります。
どんなキッチンのタイプが有るのか、そしてその費用がおおよそどれくらいなのかということについてまとめてみました。

キッチンのタイプとグレード、そして費用

I型システムキッチンへのリフォーム

価格は75万円~105万円ほどです。I型システムキッチンは壁付きで設置することの多いタイプのものです。
一般的なレイアウトであるため、使い慣れている方が多いのが特徴で、コンパクトな造りが狭いスペースでも設置可能だと重宝されています。
他のものに比べると値段も手頃ですが、壁付きのものとなることが多いため、圧迫感が出たり調理スペースが狭くなってしまったり、というデメリットもあります。

L型システムキッチンへのリフォーム

価格は90万円~110万円ほどです。
名のとおりにL字に曲がったレイアウトで、シンクと加熱調理場はそれぞれL字の先に割り振られていることが多いです。
調理スペースを広く取ることができ、動線が小さく確保されているため効率的に料理ができます。
掃除もしやすく集中した調理ができますが、目の前が壁だと圧迫感を感じたりコーナー部分がデットスペースとなってうまく使えないというようなデメリットもあります。

ペニンシュラ型システムキッチンへのリフォーム

価格は95万円~115万円ほどです。
ペニンシュラ型と聞くと聞き覚えがない感じがしますが、いわゆる対面キッチンと呼ばれている形のレイアウトになります。
アイランド型とは違い片側のみに通路を作るものになりますので、場合によっては今までと動線がガラリと変わるようなこともあります。
家族の顔を見ながら調理ができるうえ、アイランド型キッチンよりも間取りの制約が少ないため導入しやすいキッチンです。
カウンターを付けるなどのアレンジも加えられますが、普段からきれいを保っておかないと人目につきやすくなるという部分もあります。

アイランド型システムキッチンへのリフォーム

価格は110万円~205万円ほどです。
壁からキッチンを離し、島のようにレイアウトするキッチンです。
開放感がありリビングやダイニングとの隔たりを感じさせない空間を作れます。大人数での調理も可能で通路に囲まれているため機動性も抜群です。
デザイン性の高いキッチンが選べることもあり憧れのキッチンという方もいらっしゃると思います。
ですがアイランドキッチンにもデメリットが有り、空間の隔たりを感じさせないかわりにニオイが拡散されやすかったり、ダイニング側まで汚れが拡散してしまったり、常に丸見えとなるので整理整頓が必須条件になったりという点が世の奥様を悩ませている部分です。

おおまかに4つのシステムキッチンについてご紹介しましたが、ご家庭のキッチンの形や間取りによっては設置できるものが限られているということもありますので、それぞれのメリットとデメリットを理解してどんなキッチンにしたいか考えてみましょう。

キッチンのレイアウトは使いやすさが一番

さまざまなキッチンの種類を紹介しましたが、結局の所はキッチンを一番使う人が使いやすい状態のレイアウトが一番です。

キッチンのリフォームをする際に確保したいのがキッチンを設置する間口です。
間口が広いとシステムキッチンも大きなものになるので価格も変化してきますが、広い空間を確保してあるということは大きな収納を取り付けられたり作業スペースを広く出来たりという利点もあります。

どれくらいの場所があるとどんなシステムキッチンを置けるのかということも知っておきましょう。

システムキッチンの設置に必要な広さ

I型システムキッチン

コンパクトなキッチンであるこちらは現在あるキッチンのスペースが有れば大抵の場合、設置可能です。
レイアウトによってはⅡ型と呼ばれるレイアウトでシンクと加熱調理場を分割したタイプなどにも出来ます。

L型システムキッチン

このタイプは6~8畳ほどのダイニングキッチンの間取りで使用されることが多いキッチンです。
このタイプの変化球としてコの字型に囲まれるようにキッチンを配置するような形もあります。U型システムキッチンと呼ばれています。

ペニンシュラ型システムキッチン

このキッチンの場合もI型システムキッチンと同じく、キッチンの元あった範囲を使って設置可能な場合が多いです。
少し動線が変わるので家具の配置などによっては難しくなる場合もあります。

アイランド型システムキッチン

このキッチンにしたい場合は多少広さが必要になってきます。
少し大掛かりなリフォームにもなるため施工してもらうときには、施工会社さんとしっかり打ち合わせを行ってリフォームしてもらいましょう。

必要な広さは選定したシステムキッチンのグレードや大きさなどによっても大きくかわります。
ご自宅の間取りの使われ方などによってもさまざまなレイアウトの方法があるのでおおまかにこんな感じというイメージを持ったら専門家になんでも質問してみるのが、使いやすいレイアウトを見つける一番の近道だと思います。

システムキッチンのリフォーム例を紹介

システムキッチンにリフォームしてみたという実際の例を見て、イメージを膨らませましょう。

壁付きキッチンをペニンシュラ型システムキッチンに

このリフォームを行った方の実際の費用が全体で190万円ほど。
内訳を見てみると、システムキッチンの機器代金に110万円、工事費用に80万円という内容です。

工事で行われるのはキッチンの交換と、内装、配管、配線の工事です。壁から対面型にキッチンを動かすため内装工事も広い範囲で行われます。
そのため内装工事の材料費や施工費などが加算されています。

壁付けシステムキッチンをアイランド型システムキッチンに

壁付けシステムキッチンをアイランドにという大掛かりなリフォームに挑戦したこの方は250万円ほどの費用をかけてリフォームを行いました。
内訳は機器代金に130万円、工事費用に120万円という内容になっています。

施工された工事は先程のものと変わらない内容ですが、対面キッチンとするよりも広い範囲を内装工事しなくては行けない施工となるためより費用がかかります。

さらに独立した間取りだったキッチンをアイランド型にしたいという場合には、より費用がかかるためかなり大きなリフォームとなりそうです。

それぞれ人気のタイプのシステムキッチンへのリフォームについて例を出してみました。
費用は内装などの材料から施工代までいろいろなものがかかってきます。
例として出したものはなかなか大掛かりかもしれませんが、それくらいかかると思っていたほうが良いかもしれません。

キッチンのリフォームで費用が高くなってしまうパターン

キッチンのリフォームを行うときにちょっとしたことで費用が高くなることもあります。
高くなる理由としては、

  • キッチンの移動を伴うリフォーム
  • キッチン周りの傷みがリフォーム後に発覚するとき
  • 一回り小さいキッチンにリフォームするとき

この3つです。

壁付きキッチンを対面の形などにリフォームすると配管や配線などのところからリフォームを加えなくてはならないので自ずと費用は上がってしまいます。

さらにもとのキッチンを外してはじめて傷み具合が発覚することなどもあるので、そういった場合はそこのリフォームも含めて行わなければならないため費用がかさみます。

一回り小さいキッチンにリフォームするときにも、費用は高くなります。
その場合は少し違和感を持たれるかもしれませんが、高くなる理由は、
キッチンを小さなものにしたことによって生まれた壁紙や床の隙間もリフォームしなくてはいけないためです。

こうしたことがリフォームをする際での費用を上げている原因となります。

ですが毎日使う場所ですし、理想的な空間にしたいのも事実です。
高い買い物にもなりますから少し余裕をもって考えていけるといいですね。