キッチンの床にクッションフロアを使うメリット・デメリット

キッチンの床によく使われるクッションフロアですが、メリットもあればデメリットもあります。
他にもキッチンの床に使われる素材はいろいろとありますが、それぞれの特徴をご紹介します。

キッチンの床を選ぶ時には、他の部屋とは選び方のポイントがちょっと違います。素材の違いは見た目の違いだけではありません。重視したい点を考え、適した素材を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小鉢の食器を選ぶなら北欧ブランドがおすすめ!食卓も華やかに

小鉢の食器を探しているなら、北欧ブランドの食器を選んでみてはいかがでしょうか。価格で躊躇してしま...

キッチンを手軽にDIY!タイルシートなら賃貸住宅でも大丈夫

「オシャレなキッチンの壁にしたいけど賃貸住宅だから難しい」と考えている人もいますよね。賃貸住宅は、壁...

キッチンカウンターをDIY!簡単・オシャレなキッチンを作ろう

自宅のキッチンに作業スペースがなく、使い勝手が悪いと感じている人もいますよね。作業スペースを作りたい...

コップ袋の作り方!サイズの注意点と袋を手作りするコツについて

幼稚園や保育園の入園準備!手作りしなければいけない布物がたくさんありますよね。もちろん購入することも...

キッチン作業台を簡単DIY!DIY初心者も作れる簡単アイデア

キッチンが狭いとお悩みの方は多いと思います。作業をするスペースも狭いと作業がしにくく、使い勝手が悪い...

キッチンに家具を配置するポイント!冷蔵庫・食器棚の配置場所

キッチンが使いにくくて、家具の配置の場所を変えようと考えている奥さまもいますよね。キッチンで料理...

キッチンの間取りのアイデア。メリット・デメリットを比較

キッチンの間取りにはさまざまなタイプがあります。最近のお家は、コミュニケーション重視で、キッチン...

離乳食に関するグッズをプレゼントしたいが、何があるのか

友達や兄妹などの身近な人が出産をした時にプレゼントするものといえば、さまざまなものがあります。可...

キッチンを快適に!使いやすいキッチンにする食器棚のレイアウト

家族のために美味しくて健康的な食事を作る場所が「キッチン」です。この場所で料理をする人は、なるべくキ...

キッチンが狭い!レイアウトの基本とアイデアで快適なキッチンに

キッチンが狭いことで作業がしづらく、ストレスを感じている人もいますよね。どうにかして使いやすい快適な...

キッチン棚をDIY!おしゃれで自分好みの棚を手に入れよう

キッチンの収納に困っていませんか?特に賃貸のアパートなどは収納が少なく、キッチンにおきたい食器や調理...

【キッチンDIY】100均に見えない快適でおしゃれなDIY

キッチンはいろいろな物であふれ、もっと快適にスッキリとさせたいとお悩みの方も多いと思います。使い...

キッチンの換気扇をつけっぱなしにする意外なメリットと使い方

みなさんはキッチンの換気扇をつけっぱなしにすることはありますか?おそらくは私も含めて、調理中に換...

【キッチンのDIY】シンク周りを可愛くチェンジ!簡単DIY

キッチンは主婦にとって一日の中でも長い時間を過ごす場所ですよね。料理の準備に後片付け、トータルで...

【米の正しい保存法】米びつは清潔に、そして冷蔵庫に保存しよう

お米の保存に便利な米びつですが、保存法を間違ってしまうと虫が発生してしまうことにもなりかねません。...

スポンサーリンク

キッチンの床に使われるクッションフロアの特徴と理由

キッチンは立ったまま過ごす場所ですから、床にも気を遣いたい部分ですね。
床と言っても一概に1種類しかないと言うことでもないようです。
キッチンにはよくクッションフロアと言うものが使われます。クッションフロアはなぜキッチン周りには人気の種類なのでしょうか。

クッションフロアの特徴

塩化ビニールという素材を使用していることです。
この塩化ビニールと言う素材は、水を弾く特性があるため、水仕事をする場所には最適なのです。
キッチンは料理をするとどうしても水や油が床に飛び散ってしまい、床に付着してしまいます。
しかしクッションフロアにしておくと簡単に汚れを取ることができるのです。
これはクッションフロアにするメリットと言えるでしょう。

クッションフロアがキッチンに使われる理由

普通の床とは違い、少し弾力があり、柔らかいです。
そのため万が一食器を落とした場合でも、割れにくいのです。
これがメリットの2つ目です。

家を少しでもおしゃれにしたいと思っている方であれば、キッチンにクッションフロアを使用することは自分の思い通りの家にならないと思っている方がいるかもしれません。
なぜかと言うと一般的にキッチンとリビングの床の種類は変えるので、キッチンとリビングが一体になっていると境目が気になってしまうのです。

キッチンは使い心地を選ぶのか、それともオシャレな統一感を取るのかでキッチンの床の種類は変わってくるでしょう。

キッチンの床は掃除のしやすさも大切。クッションフロアの掃除方法

家のお掃除は少しでも汚れにくい環境を保つことで、掃除をする手間を省くことができるでしょう。
キッチン周りの掃除は油がこびりついている場合もあり厄介です。
他の場所よりも尚、掃除のしやすさが求められるのではないでしょうか。
キッチンの床は素材を工夫することによって、掃除がしやすくなります。

キッチンの床は一般的にタイルやフローリング、クッションフロア3つの種類がある

ではこの3つのうちどの素材が掃除がしやすくなるのでしょうか。

クッションフロアのメリットとデメリット

防水性が高いので水拭きをすることができます。
キッチンの床がベタベタしていると言う場合にも、躊躇なく水拭きすることができるのは嬉しいでしょう。

しかしクッションフロアは熱や薬品に弱いと言う特性があるのです。そのため水拭きをする際に強い洗剤を一緒に使ってしまうと変質してしまうのです。
クッションフロアを掃除する場合には、水で薄めた中性洗剤で掃除することがオススメです。
水分や洗剤が残っていると床が傷む原因になりますので、拭き残しがないように気をつけましょう。

床の種類によっていい部分と悪い部分が存在します。
デザイン性と自分に合った掃除ができる床がどれかを考えるといいかもしれません。

クッションフロア以外にキッチンの床に多いタイルの特徴

キッチンに理想があると言う主婦の方も多いのではないでしょうか。
例えば「北欧」のイメージをお持ちの方であれば、北欧のイメージに近いようにキッチンの色などを変えていけばいいのです。
それはキッチンの床も例外ではありません。

おしゃれなキッチンの床を目指す時は床はタイルがおすすめ

タイルはバリエーションが豊富なので、目指すキッチンに近づけるためには床をタイルにすることは打って付けなのです。
またタイルをキッチンの床にすることはおしゃれになるだけではないメリットもあるのです。

タイルは耐久性が高い

耐久性が強いと言うことはキッチンの年月が経っても素材が変質することはありません。また夏の暑い時期はタイルの床はひんやりと気持ちよさがあります。
足元がひんやりすると家事も捗るかもしれません。
ではタイルのデメリットはどんなことでしょうか。それはタイルに傷が付きやすいことです。タイルに傷がつくと傷の部分が目立ってしまうのです。
せっかく理想通りのキッチンでもタイルに傷がついては台無しになってしまいます。

リビングとの一体感を出すならフローリング

家の構造によってはリビングとキッチンがつながっている場合があります。
そのような場合にはリビングとキッチンのつながりを大事にしたいので、床をフローリング続きにすることもあるようです。
クッションフロアやタイルと同様にリビングにもメリットとデメリットが存在しています。

床をフローリングにする時は防汚加工や耐水性がほどこされた種類を選ぶ

突然の汚れにも対応してくれるので、キッチンにはピッタリです。
見た目もフローリングの木目で温かみを感じます。
温かい雰囲気をキッチンには大事にしたいと思う方にはオススメの床でしょう。
フローリングにはメリットしかないように思いますが、デメリットも存在します。
デメリットは吸水性のあるフローリングでは、汚れが表面から浸透してしまう事です。
汚れが浸透していくとフローリングの劣化に繋がってしまうのです。
長く使い続けたいと思うのであれば、手間に思っていたとしても、こまめに掃除することを心がけましょう。
掃除をすることが面倒だと感じる方であれば、フローリングとの相性は悪いかもしれません。
また子どもがまだ小さいと言う場合、キッチンでお手伝いをしてくれることがあるでしょう。
そのような時に子どもが食器を落としてしまったと言う場合があります。
フローリングの床は他の種類の床と違って傷つきやすいので、慎重に行動しなければいけません。

キッチンの床を選ぶ時のポイント

キッチンは家族が全員長居するための場所ではありません。
主婦にとっては長く居なくていけない場所になるかもしれませんが、家族が団らんする場所ではないはずです。
そのためキッチンの床を選ぶ上で重要なことは、居心地の良い空間にするための、デザイン性や統一性よりも自分が使いやすいキッチンになるかと言うことです。
例えばキッチンの油ハネや水や食材のカスなどによって汚れることがあります。
その汚れをどう自分が掃除したいのかによって、床選びも変わってきます。
フローリングであれば水分などが染み込んでしまう前に対処する必要があるため、後回しにすることはできないでしょう。
自分の掃除する時の選択を考えて床を選ぶこともポイントになるかもしれません。

キッチンの安全性も考慮して床を選ぶことも重要

キッチンには包丁があったり、火を使う場面もあり危険が散漫しています。
そこでもし自分が転んでしまったら怪我に繋がってしまいます。子供さんがキッチンで転んで怪我をしてしまう可能性も十分あり得ることです。
その危険性を最初から回避するために滑りにくい素材なのかどうかにも配慮しましょう。また長時間キッチンに立っていても疲れないような床を選ぶこともオススメです。