キッチンカウンターの高さの決め方は?目的に合った高さ選びを

キッチンをリフォームして対面キッチンにしようと思ったとき、キッチンカウンターの高さをどのくらいの高さにしたら良いのかわからないこともあります。

キッチンカウンターの高さ選びに失敗してしまうと、せっかくリフォームをしても使い勝手の悪いキッチンになってしまいますよね。

ここでは、キッチンカウンターの高さを決めるときの判断基準についてお伝えします。キッチンカウンターの高さに悩んでいる人は、これからご紹介する内容を是非参考にしてみてくださいね。

使いやすい高さを知って、キッチンカウンター選びに失敗しないようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マグカップは蓋付きでこぼれないものにしよう!選び方のポイント

会社で使用するマグカップ。保温性の高いものからちょっとおしゃれなものまでいろいろな種類がありますが、...

キッチンにカラーボックスを使った簡単DIYで食器棚をリメイク

キッチンの収納が足りずに、物が整理整頓できないとお悩みの方はいませんか?キッチンにはたくさんのも...

キッチンの狭い作業台を広く使うためのアイデア

アパートのキッチンなどは狭いことが多く、料理中に材料を切ったり、切った材料をボウルに入れておいたり、...

冷蔵庫の扉の向きで使いやすさが決まる!失敗しない選び方のコツ

冷蔵庫には扉の開く向きの違いにより種類があります。毎日の生活で使う冷蔵庫だからこそ使いやすいものが一...

キッチンに家具を配置するポイント!冷蔵庫・食器棚の配置場所

キッチンが使いにくくて、家具の配置の場所を変えようと考えている奥さまもいますよね。キッチンで料理...

キッチンリフォームで人気の対面キッチンとは?種類や特徴を解説

人気の対面キッチンにリフォームしようと悩んでいる人もいますよね。対面キッチンには色々なタイプのものが...

食器の水切りかご【ステンレス製】の簡単ピカピカ掃除方法

食器を洗った後に入れる水切りかごですが、意外に汚れが溜まりがちですよね。掃除がしやすいようにと、...

コップ袋の作り方!サイズの注意点と袋を手作りするコツについて

幼稚園や保育園の入園準備!手作りしなければいけない布物がたくさんありますよね。もちろん購入することも...

キッチン作業台を簡単DIY!DIY初心者も作れる簡単アイデア

キッチンが狭いとお悩みの方は多いと思います。作業をするスペースも狭いと作業がしにくく、使い勝手が悪い...

キッチンの床をタイルに!メリット・デメリットとタイルの選び方

キッチンの床をタイルの床材にしようかなやんでいる奥さまもいますよね。キッチンの床材には色々な種類があ...

小鉢の食器を選ぶなら北欧ブランドがおすすめ!食卓も華やかに

小鉢の食器を探しているなら、北欧ブランドの食器を選んでみてはいかがでしょうか。価格で躊躇してしま...

キッチンの壁紙選び。アクセントクロスの上手な使い方

アクセントクロスとは、室内の一面の壁だけに別のクロスを貼り、アクセントにする壁紙の使い方です。...

幼児の食器の選び方!人気のデザインや機能でピッタリな食器選び

これから離乳食を開始する赤ちゃんのママの中には、幼児の食器はどのようなものが人気なのか・どうやって食...

キッチンの照明選びのポイント!実用的でおしゃれなキッチン照明

キッチンの照明にはさまざまなタイプがあります。キッチンで使われる代表的なタイプの照明や、おしゃれ...

離乳食に関するグッズをプレゼントしたいが、何があるのか

友達や兄妹などの身近な人が出産をした時にプレゼントするものといえば、さまざまなものがあります。可...

スポンサーリンク

キッチンカウンターの高さの基準

そもそもキッチンには様々な高さを選べるという事をみなさんは知っていましたか?
新築やリフォームを経験された方なら知っている人も多いと思いますが、マンションやアパートなどのもともと備え付けてある場合の住居に関してはそもそもの高さが決まって設置されていますよね。

キッチンカウンターには用途も色々あります。
何から何まで自分で作ってしまう凝った料理を作る。
片付けの手間を省くためにキッチンに一緒に食卓部分を付けたい。
パパっと手間をかけず調理したい。
リビング部分からキッチンが見えるのが嫌なので目隠しをしたい。

料理の質には拘りたいので、とにかく素材、調味料から自分で作っていきたいと思う人ととにかく手間なく食事を済ませたいのですぐに食事を作りすぐに下げてもらうという流れを少しでも早く終わらせたいという人では用途は全く違いますよね。
基本的には、どのような事を1番として使うのか?ということが最も重要となってきます。

そしてもう一つ高さの基準としては、用途や理想は様々なのですが身長によっても高さの目安というものがそもそもあります。
一般的な計算方法は「身長÷2+2.5」とされていてこの計算式が理想の高さと言われていますが、上記のような色々の用途によって、計算式が絶対的なものとは言えなくもなっています。

ワークトップより高い高さのキッチンカウンターが持つ役割

ワークトップとは、食材を調理する場所の名称です。
ですので、調理する時間が長ければ長い人程キッチンカウンターの高さはとても重要といえるでしょう。
その場所で長い時間立って手を動かしてるわけですから、野菜をみじん切りにする、煮物をしたりお弁当を何人分も作るなど、主婦の1日の中で1番長くいる場所としても言われているキッチンという場所、高さはとても重要と言えるのです。

ワークトップより高い高さのキッチンカウンターの役割としては2点程例として上げていきます。

  • 目隠し目的
    これは家事が苦手、洗い物が苦手という人に多く取り入れられているカウンタータイプで、キッチンの部分がリビングから見えないようにする意味でもカウンター部分を高くするという方法も取り入れられています。
    ですので、最近流行っているアイランドキッチンのように全てが平面でリビングから丸見えのタイプのキッチンはインテリアとしてはとてもおしゃれに見えますが、掃除や片付けが苦手などと言う人にはカウンターの高さを上げるタイプをオススメします。
  • 収納スペース目的
    これはワークトップからカウンター部分の壁に調味料や日頃1番使う調理器具等を収納することができるスペースがあるパターンです。
    実際友人宅で拝見しましたが、とってもスッキリまとまっている、尚且、調理する時すぐに取り出せるという便利さもあって見た目もよくおしゃれに見えました。
    そこに収納する調味料の容器を一色にまとめるなどの方法をとるとよりおしゃれなインテリアとしても活用できると思います。

食事をするならワークトップより低い高さのキッチンカウンター

そもそもキッチンカウンターにはワークトップ以外にも用途がありますよね。
それは対面キッチンやオープンキッチンのように食事も済ませるようなタイプです。

この場合だと、ワークトップより低い高さのキッチンカウンターがオススメです。
「低い高さなんてあるの?」と思う人もいるかと思いますが設計上は可能です。
調理して盛り付けたらそのまま目の前のテーブルスペースへ置くことができるので持ち運びする手間も省けてとっても便利といえるでしょう。
基本的にはワークトップの高さに合わせたりより高い高さでの食事スペースになると高さのある椅子を利用しなくてはいけませんよね?

そもそも人間は足が床につかないという状況に落ち着きを感じないと言われているので、ゆっくり落ち着いた環境で食事をするのであれば、ワークトップより低い高さに設定することが好まれているといえるのです。
実際わたしの家は、デザインとしておしゃれに見えるワークトップより20cm程高いところに食事スペースを設置しているので高い椅子を利用して食事をしていますが、足がつかないため椅子が回って落ち着かない等の困った点もあり何より子供が椅子が高くて危ないということがデメリットとして今現在では問題な場所ともなっています。

子供がある程度大人であれば多少足がつかない状況でも対応はできますが、小さい子供だと足がつかないのに好奇心から登りたがって怪我をするなんてことも考えられます。
実際うちの息子も興味本位から何度も高い椅子に自分で登ったはいいけど、高すぎて下りられなくて降りる時に怪我をした経験さえあります。
ですので、勿論見た目も重要ですが、家族の状況や環境に合わせて高さを決めるというのはとても重要なんだなと最近は痛感しています。

作業をするならワークトップと同じ高さのキッチンカウンター

作業とは色々ありますが、例えばパンを捏ねる作業、魚の骨をとる作業など調理に関する作業をたくさん取り入れて使用するキッチンの場合にはワークトップと同じ高さが好ましいと言われています。

こだわりの蕎麦を自分でそば粉から作りたいなんて人も少なくはありません。
そんな時に高すぎるワークトップだと思うように力を入れることができずなかなか理想の麺にたどり着けないなんてこともなくはないでしょう。
パンは買わない、自分で作るなんて人も生地を捏ねる際に力を入れるため、高さのせいで捏ねることがストレスになり、細かい作業することさえやめてしまったなんてことも考えられるのです。

わたしの経験上、料理にこだわりを持って調理する人はキッチン自体もきれいに使っている人が多いので、そういった人の場合はアイランドキッチンのようなオープンキッチンを選ぶのもオススメします。
キッチンの見た目も綺麗にしていればとても素敵な空間になりますので高さが無いことでインテリアの一部として考えた場合空間を隔てるものが最小限なので広くスッキリ見える傾向があるのでオススメです。

そんなオープンキッチンには、是非飾りなどの小物を飾ることもオススメします。
隔てる物が無いオープンキッチンは空間を利用すると部屋がより華やかになるので、観葉植物を置いてみたり、小さい小物を飾ってみたりなど少し工夫するだけで、リビングから見える飾りが華やかさをましてくれる存在となるでしょう。

キッチンカウンターの高さは生活スタイルで決める

ここまで、色々な高さに対してのスタイルを紹介しましたが、最終的にはどのような高さにすれば良いのでしょうか?

何をすることを1番と考えるのかがとても重要なのですが、例として出してみましたので参考にしてみて下さい。

  • 掃除ベタ、調理ベタなので隠したい
    その部分を1番のポイントとするならば、高さをもったカウンターに設定し食事スペースも設置、そのスペースの高さは低くするという工夫が良いと思います。
    そうすることで、洗い残しの食器は隠せますし、食べる食事、食べ終わった食器も対面のシンク部分にすぐ下げることができるというメリットがあります。
  • こだわりの料理を作りたい
    食べ物の食材に拘り作業台を長く利用したいというポイントを1番に考える人は、オープンキッチンやアイランドキッチンをオススメします。
    キッチンカウンターの高さもワークトップ部分と同じ高さでの設定にし、リビングから見える広い空間を活かしたキッチンはインテリアとしても一際目を惹くものとなることでしょう。
    自分で創作した料理をアイランドキッチンの食事スペースに移動させて食べるという空間を想像しただけでもとってもおしゃれにまとまってますよね?

色々とお伝えしましたが、何より大切なのは日常でのストレスを1番軽減される高さに設定することで、キッチンに立つことが嫌にならない、楽しいと思える空間を作ってもらいたいと思います。