キッチンカウンターの収納術!使いやすさのポイントやおすすめ

キッチンカウンターの収納がうまくできずに悩んでいませんか?
キッチンカウンターは部屋の中でも存在感が大きいので、自分好みに使いやすく活用するのがオススメです。

そこで、ここではキッチンカウンターの収納術について、収納のポイントや便利な収納アイテムのススメ、収納スペースの活用、見せる収納の工夫やDIYアイデアなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、悩んでいたキッチンカウンターの収納のヒントにもなり、自分好みに使いやすくカスタマイズすることもできるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キッチンの収納に大活躍!突っ張り棒で棚の収納力をアップ

いろいろと物の多いキッチンの収納に、お困りの方は多いですよね。賢い収納の味方、突っ張り棒を使って...

キッチンの床下収納の賢い活用方法。快適に使うためのコツ

キッチンに床下収納があるお宅もありますよね。床下収納は上手に使えば、収納力もアップして、スッキリ...

食器の収納にシンク下はありか。シンク下に適した収納とアイデア

キッチンが狭く、収納スペースが少ないとお悩みの方は多いと思います。キッチンには、お鍋に食器、細々...

食器の収納に引き出しを賢く使う方法。収納のコツとアイデア

どんどん増えてくる食器の収納にお困りの方はいませんか?食器類は食器棚に収納している方が多いと思い...

キッチン下の賢い収納術!100均アイテムでスペースをフル活用

キッチン下のスペースはきちんと使いこなせていますか?扉タイプのキッチンの下の収納は高さと奥行きが...

マグカップを見せる収納に100均アイテムを使ったアイデア

マグカップは食器棚に収納している方が多いと思いますが、かわいいマグカップは見せる収納にするのもおすす...

キッチンの食器棚の収納力をアップさせるコツ!収納アイデア例

キッチンにはいろいろな物があり、収納場所にお困りの方も多いと思います。もう、物がありすぎて片付かない...

台所の収納棚を簡単DIY!初心者でも作れるすのこを使った棚

台所にもう少し収納が欲しいという時には、簡単DIYにチャレンジしてみませんか?ちょっとした隙間や...

食器の狭いキッチンでの収納方法。一人暮らしでも快適なキッチン

キッチンには食器や、お鍋、ごちゃごちゃしがちなキッチンツールなどのたくさんのものがあります。...

お菓子を収納させるなら、大人も子供も喜ぶ方法にしたい

子供がいるお家は、おやつの時間用などにお菓子が常にある状態だという方が多いと思います。しかし、た...

シンクの掃除道具はどこに収納?収納に適している場所について

シンクの掃除道具、スポンジやたわし、洗剤などはどこに収納をしていますか?掃除をするための道具が意外と...

台所のすっきり収納に100均アイテムが便利!使えるアイデア

ついごちゃごちゃしがちな台所の収納にお困りの方はいませんか?台所は収納しなければいけないもの...

食器の収納にスチールラックが便利。使いやすくする収納テク

ひとり暮らしのキッチンは狭いことが多く、食器棚を置くスペースがないという場合もありますよね。...

キッチン下の賢い収納アイデア!扉の中を収納スペースにフル活用

キッチンのシンクの下にある扉の部分は、排水管のホースが通っていたり、高さもあるので、つい物がごちゃご...

キッチンの簡単な棚の作り方。壁面を利用した見せる収納

キッチンの収納が少なく、収納を増やしたいと思っても、食器棚のような大きな家具は置くスペースがありませ...

スポンサーリンク

キッチンカウンターの収納は使いやすくがポイント

キッチンで使う物は細々と色々な形やジャンルがあります。それらがバラバラに置かれていると使いにくく、整頓出来ない原因になりやすいです。

ですから、キッチン用品はジャンルに分けた上で、使う場所の近くや取り出しやすい場所に収納するのがポイントです。

キッチンカウンターの収納は使用頻度の高い物程取り出しやすさを意識しましょう。

よくあるのが、積み重なっていたり奥にあって、使うたびに物を除けてから取り出して、仕舞う時も物を取り出してからしまわなくてはいけない状態です。これだと、使い勝手が悪くて使うたびにプチストレスを感じてしまう可能性があります。
ワンアクションで取れる、仕舞えるというのがベストです。
キッチンカウンターでは使いやすい収納にするのがポイントですが、そのためにはカウンターの高さを意識したり、収納する物に合わせて棚を増設したり、カゴや仕切りを使いましょう。

キッチンカウンターの上には便利な収納アイテムを置くと便利

料理をするときは、キッチンの使いやすさが手際に影響します。

よく使う物は手が届きやすいキッチンカウンターの上に置いておくと便利です。

ただ、キッチンカウンター上にそのまま置いてあると、出しっぱなしにしているように見えてしまう事があります。

そこが正しい収納場所であることが分かるようにするには、収納アイテムを使いましょう。

調味料を置くトレイや小さめのラックなど、インテリアに馴染むデザインを選べば、キッチンカウンター上にあっても自然に見えます。収納アイテムを使えば、ごちゃついて見えにくくなりますし、物の定位置が決まれば調理や整理の効率がアップします。

キッチンカウンター下の収納スペースも上手に活用しましょう

キッチンカウンターの収納スペースは有効活用出来ていますか?
キッチンカウンターの上の吊戸棚には、軽い物やあまり使わない物を入れて、キッチンカウンターの下には、重い物やよく使う物を入れるのがお勧めです。

上の収納棚は、手を伸ばしたり台に乗っても目線より上にあることが多く、重い物や割れ物を入れるともしも落ちてきたときにリスクが高いです。ホットプレートなど使用頻度の少ない物や大きなサイズのボウルなど軽い物を入れます。

逆に、持ち上げたり取り出すのが大変な重い物やよく使う物は下の収納スペースを使う方が取り出しやすく効率的です。

普段使いのボウルやザル、鍋やフライパン、皿など重ねて収納するような物も下に収納すると調理の時に少ない動作で取り出すことが出来ます。

特によく使う食器はキッチンカウンターの下部分に収納した方が取り出しやすく仕舞いやすいので、効率的に作業を進められます。

キッチンカウンターの外側(ダイニング側)にも棚がある場合は、あまり使わない食器をそこに収納したり、取り皿やカトラリーを収納すると便利です。

おしゃれな見せる収納や使いやすさでDIYするのもオススメ

キッチンカウンターの使い勝手が悪いと料理の効率も落ちてしまいます。

ただ、使いやすいようにしたいと思っても、キッチンカウンター自体はそう簡単に取り換えられるものではありませんので、自分で使いやすいようにDIYするのがお勧めです。DIY好きなら本格的に手を加えることも可能かもしれませんが、初心者にとっては少し怖いですよね。思い切って手を加えて失敗したら大変なことになってしまいます。

そこで、カラーボックスなど最初からある程度形が決まっているアイテムを使えば失敗するリスクが少なくて済みます。カラーボックスなら組み立てやすく、色を塗ったり扉も取り付けやすいです。

カラーボックスを組み合わせて、そのサイズに合わせた板を天板として使いましょう。カラーボックスの間に隙間を開ければ、間にイスを入れてプチ書斎やワークスペースを作ることも可能です。

自分好みのキッチンカウンターなら作業効率もアップ

キッチンカウンターの収納は作業効率を意識しましょう。

最初にご説明した通り、使う場所の近くにそこで使う物を収納するのがポイントです。

キッチン自体はそれほど広くないので、近くにしまってなくてもそれほどの移動距離はありませんが、その場で取り出せるかどうかはかなり差があります。

例えば、調味料や菜箸、おたま等のキッチンツールはコンロの近くにあった方が便利ですが、ザルやボウルはシンクの近くにあった方が便利です。

この少しの差で作業効率が変わります。

また、整理が出来ていなくて同じジャンルの調理グッズがバラバラの場所に収納されていることも良くあります。バラバラの場所に収納されていると必要なものを探すのに時間が掛かったり、仕舞う時も適当な場所に入れてしまいます。そうすると探すのにまた時間が掛かって悪循環になります。

DIYで好みのインテリアにする場合は、家事動線を意識しましょう。
単純に好きなテイストにするだけでも、キッチンに立つのが楽しくなりますが、効率的な作業が出来る工夫をすると、もっと楽しく作業を進められるようになります。