食器洗いに水切りかごを使わないメリット・デメリット

キッチンが狭くて作業スペースがない、オシャレな印象のキッチンにしたいという人は、思い切って水切りかごを使わないという選択肢があります。

キッチンに水切りかごがないと、食器を洗う時に不便ではないかと思いますよね。そんな人は、これからご紹介するメリットとデメリットを確認し、水切りかごを置かない選択肢について考えてみてください。

水切りかごを置かない場合の代用品や、あると便利なアイテムについてもご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

使いやすくて快適なキッチンになれば、毎日の料理も楽しくなります。自分好みのキッチンで家族のために美味しい料理を作ってあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

缶のプルタブの正しい開け方とプルタブが取れた時の開け方

缶を開けようと思ってプルタブを引っ張った瞬間、缶の蓋が開かずにプルタブが取れてしまった経験がある人も...

テフロンのフライパンが焦げる原因と対処法!正しい使い方を解説

テフロンのフライパンを使用している人の中には、焦げることがないはずなのにフライパンが焦げてしまい、一...

幼児用食器のプラスチック製食器の特徴と食べやすい食器の選び方

離乳食が始まる頃になると、赤ちゃんが自分でも食べやすいような食器が必要になります。幼児用の食...

食器用の水切りマットの洗い方は?材質別の洗い方を解説

食器を洗った後に、水切りかごではなく水切りマットを使用している人もいますよね。場所をとらないので...

ケトル掃除にはクエン酸で汚れを落とす!底の曇りをピカピカに

電気ケトルは忙しい朝にも、短時間でお湯が湧き、毎日のように使っているというご家庭も多いと思います。...

フライパンを長持ちさせるコツ!テフロン加工もこれで長持ち

テフロン加工のフライパンは少量の油でも食材がこびり付きませんし、お手入れも簡単なので愛用している人も...

カレーの入れ物について!ランプみたいな形の入れ物の名前と由来

お店でカレーを注文するとランプのような入れ物に、カレールーが入っていくることがありますよね。...

フライパンの焦げ付きをスッキリ落として復活させる方法

主婦なら誰もが経験したことのある、フライパンの焦げ付き。ちょっとの焦げ付きならば、少しぬるま...

食器用洗剤の正しい使い方と食器洗いの簡単なコツ

毎日使う食器用洗剤ですが、実は多く使い過ぎているという方が多いようです。洗剤の注意書きには、...

鋳鉄フライパンのお手入れ方法。長く愛用できる基本の使い方

鋳鉄のフライパンはお手入れが面倒という話を聞いたことがありませんか?多くの方が使っている、テフロ...

キッチンの食器棚シートの役割と選び方!100均で人気のシート

キッチンの食器棚には食器棚シートを敷いていますか?それとも直接食器を置いていますか?食器棚シート...

幼児の食器は陶器がおすすめ!料理の温度を肌で感じ長く使えます

離乳食初期から使っていた軽くてシンプルな食器を卒業し、幼児になったらそろそろ食器を陶器にしようかと考...

フライパンがIH対応かどうか、自分でできる見分け方

引っ越し先がIHクッキングヒーターで、今まで使っていたガス用の鍋やフライパンがそのまま使えるかどうか...

茶碗蒸しの器がないときに使える代用品!注意点とレシピを紹介

茶碗蒸しを作ろうと思っても器がない時・おしゃれな器で茶碗蒸しを作りたい時に、器の代用品としてどんな物...

鍋の焦げ付きは重曹で落とす!重曹でコゲをスッキリ落とす方法

鍋をうっかり焦がしてしまったら、いつも通りの洗い方ではなかなか焦げは落ちません。長時間ぬるま湯に付け...

スポンサーリンク

食器洗いに水切りかごを使わないメリット・デメリット

水切りカゴを無くしてみたいけれど、これまで当然のように使っていたものをいきなり無くしてしまうのは勇気がいるものです。水切りカゴを使わない場合のメリットとデメリットを考えみましょう。

水切りかごを使わないメリット

キッチンが広くなる

水切りカゴは意外とスペースを使うものです。常に定位置に置いておくものなので、水切りカゴを無くしたらキッチンの台の上が広く感じられると思います。調理をするための作業スペースが広くなります。パンをこねたり、ピザ生地を広げたりするときもラクです。

生活感が出ない

水切りカゴは生活感を出してしまうアイテムです。どんなにデザイン性の高いものやシンプルなものを選んでも、そこに洗い終えた食器があるだけで生活感が出てしまいます。
水切りカゴを取り除くだけでもキッチンはスッキリとシンプルになります。

水切りカゴを洗う手間が省ける

水切りカゴは常に濡れている状態なので、雑菌やカビが発生しやすいという面があります。ちょっと放っておいただけで水切りカゴの角のあたりがヌルヌルしてきたりピンク色になっていたりしませんか?これではキレイに洗った食器を置くのも心配になります。そのため、水切りカゴもこまめに洗って清潔な状態にしておかなければなりませんが、意外と面倒なものです。しかも大きいので洗うのも大変です。この手間が省けるだけでも大きなメリットといえるかと思います。

水切りカゴがないデメリット

たくさんの洗い物ができない

水切りカゴなら洗った食器をどんどん積み重ねて置くことができますが、水切りカゴが無い場合は直接キッチンの上に置くため、すぐにスペースが無くなってしまいます。洗い物がたくさんあるときは、ある程度たまったら拭いて片付けて、また洗うという作業を繰り返す必要があります。

食器を洗ったあとに水切りかごを使わないのもアリ

水切りカゴは洗った後の食器を置くためだけにあります。その割には意外とスペースを使っているものです。食器の水切りを行うのなら、必ずしも水切りカゴでなくてはならないということはありません。

レストランやカフェなどでも、トレイの上にクロスを敷いて、その上にコップを積み重ねているのを目にしたことがあると思います。水切り専用のものではなくても、家にあるものを使って洗った食器置き場を作れば良いわけです。
トレイは水切り以外にもお盆としても使いますし、クロスは食器拭き用のものを使えば良いので、どちらもご家庭にあるもので水切りカゴ代わりを作ることができます。

少量の洗い物ならキッチンペーパーも使えます。ちょっと大きめにカットして2~3枚重ねて敷き、その上に洗ったコップなどを伏せて置くようにします。直に伏せて置くときに衛生面で不安に感じる場合も、キッチンペーパーを使うと気にならなくなります。キッチンペーパーが水を吸ってビシャビシャになりますが、捨てるのは勿体ないので、乾かして掃除の時に使うと良いです。

水切りカゴが無ければ、調理をする作業スペースが広くなり、より快適になります。
水切りカゴを置かないという選択をしたなら、家族にも協力をしてもらいましょう。洗ったら置きっぱなしにしないで、すぐに拭いて片付けます。キッチンの上の水も拭き取ってもらうこともお願いしましょう。

水切りかごを使わないで食器を洗うアイデア・その1

水切りカゴの代わりに布巾やタオルを使います。洗った食器を直にキッチンに置くとすぐに水でビショビショになってしまいますので、大きめの布巾やタオルを敷いておき、その上に洗った食器を置くようにします。布巾やタオルが水を吸い込んでくれるので、水でビショビショになるのも防ぐことができますし、柔らかい布の上なので食器が傷ついたりする心配もありません。

洗った食器を直接キッチン台の上に置くことには抵抗がある人は、清潔な布巾やタオルを何枚か用意しておくといいでしょう、濡れたら新しいものに取り替えて、あとでまとめて洗います。

布巾やタオルも良いですが、キッチンクロスも大きくて便利です。洗った食器を置くために使うクロスは厚めのものを選ぶと良いでしょう。食器を拭き取るためのクロスは普通の厚さや少し薄めの生地の方が使いやすくなります。

キッチンクロスはデザインも豊富なので、選ぶのも楽しくなります。食器を置いたり拭き取ったりする以外にも、ホコリが被るのが気になるものにかけておいたり、棚に敷いて使ったりと、何枚も持っていても便利です。

水切りかごを使わないで食器を洗うアイデア・その2

水切りカゴの代わりは、布巾やクロス以外にも「給水マット」が便利です。給水マットは洗った食器の水切りを目的に作られているので、とても機能的です。
給水マットは「珪藻土」を使って作られ、「ドライビングボード」という名前でも販売されています。洗った食器の水切りにはもちろん便利ですが、珪藻土自体もすぐに乾くので清潔に保つことができます。

この給水マットはコンパクトなサイズなので、キッチンに置きっぱなしにしておいても気になりません。薄く小さめに出来ていますので、使わないときは立てかけておいたり、片付けるのにも軽くてスペースを取らないので簡単です。高さがない分、目につくこともないのでキッチンがスッキリと見えます。
折りたたむタイプのものもありますので、普段はしまっておいて、必要なときにだけ出して使うということもできます。

コップやカトラリー位の洗い物のときは「スポンジワイプ」も便利です。小さいサイズではありますが、吸水力は抜群です。10倍以上の給水力がありますので、大きささえ気にならなければ、洗った食器などをどんどん置いて使いましょう。
スポンジワイプは100円ショップでも販売されていますし、雑貨屋さんにはかわいいデザインのものが豊富にあります。

水切りかごを使わないで食器を洗う時にあると便利なアイテム

水切りカゴの代わりになる便利なアイテムがあります。

水切りカゴがないとやっぱり不便に感じる場合

シンクの空いたスペースに置いて使うタイプの水切りかご

水はシンクの下に落ちるかたちなので、洗った食器の他にも野菜の水切りにも使えます。折り畳み式のものを選ぶとコンパクトなサイズになるので、使わない時は片付けておくことができます。

竹籠もまた洗った食器を置くのに便利

あまりたくさんの量はおけませんが、見た目もほっこりとした感じでかわいいものです。自然素材でできている温もり感も素敵です。キッチンに出しっぱなしで使いたいアイテムです。

お皿の水切りならディッシュスタンドも便利

お皿をよく使うのなら、ディッシュスタンドをキッチンに置いておくのも良いでしょう。場所は必要になりますが、水切りカゴを置いておくよりもオシャレに見えます。

水切りカゴを無くす不安は解消されたでしょうか?まだ水切りカゴを完全に無くすのが不安でしたら、とりあえず一度水切りカゴを片付けてみてください。しばらく水切りカゴ無しでやってみて、水切りカゴは必要だと感じたらまた戻せば良いのです。