幼児用食器のプラスチック製食器の特徴と食べやすい食器の選び方

離乳食が始まる頃になると、赤ちゃんが自分でも食べやすいような食器が必要になります。

幼児用の食器にはプラスチック製のものや陶器製のものがありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。
始めのうちは遊び食べも多いので、プラスチック製を選ぶママが多いようです。

プラスチック製幼児用食器の特徴や、陶器製食器との比較をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

テフロンのフライパンが焦げる原因と対処法!正しい使い方を解説

テフロンのフライパンを使用している人の中には、焦げることがないはずなのにフライパンが焦げてしまい、一...

食器用洗剤は手荒れの原因に?洗剤を使わないエコな食器洗い方法

毎日たくさんの食器を洗っている主婦の方の中には、手荒れの症状に頭を悩ませている人もいますよね。...

お気に入りの食器が割れた!接着剤の安全性について

買ったばかりの食器が割れてしまったり、お気に入りの食器が割れてしまうとショックですよね。割れた食器は...

揚げ物の鍋はなんでもいいが、より美味しく揚げるなら鍋は重要

揚げ物に挑戦したいけど家にはフライパンしかない。揚げ物の鍋はなんでもいいの?と考えてしまいます。...

揚げ物をするときの鍋はステンレス?特徴や使い方を紹介します

ステンレスの鍋で揚げ物をするときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?揚げ物用の鍋を...

鍋の焦げ付き防止に気をつけること!焦がさない使い方のポイント

同時に幾つかの調理をしたり、うっかり目を離してしまったすきに鍋を焦がしてしまったという経験がある方も...

フライパンの焦げ付きをスッキリ落として復活させる方法

主婦なら誰もが経験したことのある、フライパンの焦げ付き。ちょっとの焦げ付きならば、少しぬるま...

カレーの入れ物の名前とは?ランプ型入れ物の名前と正しい食べ方

カレーを注文すると、お店によっては名前がよくわからないランプ型の入れ物にルーが入ってくる場合がありま...

鋳鉄フライパンのお手入れ方法。長く愛用できる基本の使い方

鋳鉄のフライパンはお手入れが面倒という話を聞いたことがありませんか?多くの方が使っている、テフロ...

鍋の取っ手は部品があればDIY可能!修理する方法とポイント

鍋の取っ手が壊れたからと、すぐに捨ててしまっていませんか?鍋の取っ手は部品があれば、また使うこと...

フライパンがIH対応かどうか、自分でできる見分け方

引っ越し先がIHクッキングヒーターで、今まで使っていたガス用の鍋やフライパンがそのまま使えるかどうか...

鉄フライパンは主婦に人気!鉄フライパンを使うメリットを検証

料理好きな主婦を中心に、根強い人気のある鉄フライパン。使ってみたいとは思いながらも、自分には使い...

ホーローの食器がアウトドアに適している理由と魅力

ホーローの食器はキャンプなどのアウトドアでも人気の食器です。紙皿やプラスチックのお皿を使うことも...

揚げ物鍋のベタつきには重曹を。洗い方と頑固なコゲの落とし方

揚げ物をした後の鍋は油でギトギト。この片付けが面倒で揚げ物はあまり作りたくないという方も多いのではな...

食器洗いに水切りかごを使わないメリット・デメリット

キッチンが狭くて作業スペースがない、オシャレな印象のキッチンにしたいという人は、思い切って水切りかご...

スポンサーリンク

幼児用の食器に多いプラスチック製食器の特徴

プラスチック製食器の中でも割れにくく傷に強い「メラミン食器」は、幼児用の食器によく使われているプラスチック素材の一種です。

このメラミンは、プラスチックの中でも特に硬いので、割れにくいということが一番のメリットです。食べ初めの幼児は、食器を振り回したり、食べる時に食器が倒れたりしやすいので、割れた食器での怪我には注意が必要ですが、メラミン食器は割れにくいので安心して使うことが出来ます。

熱伝導性が弱いので、熱いものを入れても食器が熱くなりにくく、手や唇の火傷の防止にもなります。

軽いので、コップなどは持ち上げやすく、幼児にも扱いやすいです。
また、可愛らしいキャラクターなどの絵が描かれている食器が多く、幼児の好みにあった食器を選ぶことが出来るでしょう。

プラスチックの中でも、傷に強いメラミン食器は、繰り返し洗って使っても、描かれた絵が消えにくいので、長く愛用して使うこともできますよ。

プラスチック食器の使い方で注意すること

プラスチックの食器が、子どもに扱いやすく、火傷や怪我の防止にもなることはおわかりいただけたと思います。

しかし、プラスチックの食器を扱う時にはいくつかの注意点があります。

まず、基本的に電子レンジやオーブンでの使用ができないということ。
冷凍してストックしておいた離乳食は、別皿で解凍してからプラスチックの食器に盛り付ける必要があるので、できるだけ手間を省きたいという人には向かないかもしれません。
漂白の際には、酸素系漂白剤を使用しましょう。
塩素系漂白剤は、プラスチックの劣化が早くなってしまうので、おすすめできません。
漂白や殺菌の際には、取扱説明書を確認するようにしましょう。

幼児用のプラスチック食器は子供にとって使いやすいことが大切

幼児用の食器を選ぶ時には、子供が使いやすいものを最優先にして選びましょう。

まずは子供が楽しく食事できるように、子供が好きなデザインの皿を選びましょう。
自分で選ぶことができる年齢の場合には、一緒に食器を選びに行くところから始めてみても楽しいかもしれません。
大好きな食器に食事が盛り付けられるだけで、食べる意欲が自然と湧いてきます。

食器の大きさには注意しましょう。
食器は、子供が持ちやすい大きさのものを選び、ゆくゆくは自分で持って食べられるように、持ち手が付いたものを選んだり、幅の狭いものを選んでおくと良いでしょう。
食べやすい大きさのお皿を選ぶことは、子供自身の食事の自立にも繋がります。

食べ物をすくい取る作業は、子供にとってはとても難しい作業です。
食器の縁に立ち上がりがあるタイプのものは、食べ物をすくいやすく、子供にも扱いやすいです。
はじめは一緒に手を添えて、食べ物をすくう動作を教えましょう。

子供が使いやすい食器を選ぶことは、親の家事の時短にも繋がります。
ぜひ、子供の使いやすさという点にも着目して、食器選びをしてみてくださいね。

陶器製の幼児用食器の特徴

プラスチック製の食器についで人気があるのが、陶器製の食器です。
陶器製の食器は重みがあるので、子供には持ちにくく落下や衝撃によって簡単に割れてしまうので、怪我の心配も多いことから幼児用食器としては向かないように思われます。

しかし、このデメリットを利用して、ものを大切にする気持ちを持つ、大人と同じ食器を使うことで、一人の人間としての自覚を持つなど、心の成長が期待できると言われているようです。万が一割れてしまっても、失敗した経験を次にどう活かすかという学習も自然とできるので、子供にとっては陶器の食器を使うメリットが沢山あるように感じられますね。
小さいときから本物の食器に触れることで、食育にもつながりますよ。

落としたら割れてしまいますが、重みがあるので食器が転がりにくく、安定性はあります。割れない限り、長く使用できるので、大切に使えば大人になるまで同じ食器を使い続けることも出来るので、思い出の詰まった食器になりそうですね。

電子レンジや食洗機にも対応できる磁気製のものも多くあります。

幼児用の食器は成長に合わせて使い分けがおすすめ

幼児用の食器には、プラスチック製と考えていた方も、陶器の良さがわかると、また食器選びに悩んでしまいますよね。
正直な所、どちらにも良い面があるので、どちら一方だけをおすすめすることはできません。
しかし、それぞれのメリットを上手く使って、子どもの成長に合わせて使い分けていくことは可能です。

プラスチック製の食器は、割れにくいこと、火傷や怪我の心配が少なく、軽いので子供でも持ちやすいことがメリットです。
離乳食を始めるころから2~3歳位になるまでの間は、プラスチック製の食器のメリットを最大限に使ってみると良いと思います。
食器を落としても割れないので、こぼれたものを拭くだけで良く、家事のストレスも最小限に抑えることが出来ます。

自分で食事が上手に食べられるようになる3歳以降は、陶器製の食器に替えてみるのも良いかもしれません。この頃になると、いろいろな言葉や気持ちが理解できるようになってくるので、ものを大切に扱うことの大切さや、失敗してしまった時の対処法などを食事を通して学ぶこともできます。
お手伝いなどもできるようになるので、家族分の食事の配膳を、ゆっくり丁寧にすることもあわせて教えることができます。

食器や食事に対する考え方は、家庭によってそれぞれだと思います。
何を大切にするのかを明確にし、食器を選んでみてはいかがでしょうか。