節約食費【3人家族】無駄なく無理なく食費を節約する方法

節約を考えるなら食費を減らすことが大切。
では、3人家族での食費を節約するにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで、ここでは3人家族の食費を節約したいと考える主婦のために、食材や買い物の無駄をなくして、無理せずにできる食費を節約するコツについて紹介致します。

これを読めば、食費の節約には何が大切なのかがわかり、どこからはじめるべきかもわかるでしょう。
節約は無理せずに楽しみながらできるのが一番です。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鍋の基本の作り方!初心者にも作れる美味しい鍋を作るコツ

友達を呼んでの鍋パーティーは冬の楽しみの一つですよね。料理があまり得意ではない方でも簡単に作れる...

鍋の出汁の作り方とポイント、簡単で美味しい出汁レシピをご紹介

冬に食べたくなる鍋。市販の出汁を使った鍋も美味しいですが、出汁の作り方を学んで、オリジナルの美味しい...

料理が上手い嫁が欲しい!胃袋をつかむための料理上手になるコツ

男性が女性に求めるものはいろいろとありますが、料理が上手い女性というのも、よく聞く言葉です。彼女とし...

梅干しを天日干しする理由について知りたい

梅干しを作る時に欠かせない工程のひとつに天日干しがあります。当たり前のように行われていることでは...

鍋の保温に新聞紙を使ってエコ調理!便利な保温調理の方法

鍋の保温調理はガス代の節約にも効果的な方法です。新聞紙などを使ってしっかりと保温しておくと、煮込...

IHでフライパンを使った揚げ物を上手に作るコツと注意点

IHコンロで揚げ物をする時には、専用の揚げ物鍋に、規定量のたっぷりの油を注いで作りますが、この油の量...

フライパンで焼き魚を焼く方法。クッキングシートで美味しく

焼き魚を作る時には、魚焼きグリルで焼くというのが一般的ですよね。でも、使った後の片付けが面倒で、...

鍋の残り野菜は冷凍向き!正しい冷凍方法と冷凍するメリット

鍋に使う野菜は、食べきれずに残りがち。そんな残りがちな野菜は、それぞれ冷凍保存がおすすめです!...

鍋におすすめの具材!みんなが食べたい美味しい定番食材

友達を呼んで鍋パーティー。そんな時には、何鍋をしようか、具材を何にしたらいいか、悩みますよね。...

鍋は簡単で美味しい私達の味方!家族が満足するレシピを紹介

 鍋は食材の旨味が出汁として味わえるので、簡単で美味しい料理の代表格です。 自慢できる自分の...

茶碗蒸しを器大きめで作りたい!失敗しにくい茶碗蒸しの作り方

大きめな器で茶碗蒸しを思いっきり食べてみたいと思ったときが、どでか茶碗蒸しを作るベストなタイミングと...

米の保存容器にペットボトルを使うメリットと手軽な保存方法

お米の保存はいつもどのようにしていますか?ハイザーや米びつに入れて保存しているという方も多いと思いま...

自宅焼肉で困る煙対策について!臭いを残りにくくする方法

自宅での焼肉は、家族や仲の良い友達とお金も時間も気にせずに楽しめます。お店で焼肉を食べるとなると、お...

鍋の材料の切り方とは?定番野菜の切り方や盛り付け方法を紹介

鍋の材料はどのような切り方をしたらいいのでしょうか?ごった煮とならないようにするにはお肉や野菜を切る...

鍋を簡単で安い材料費で作りたいけど、どんなコツがあるのか

鍋は基本的に材料を切って煮込むだけなので、簡単で人気のあるメニューですよね。しかし、自分の食べた...

スポンサーリンク

3人家族の食費を節約したいなら目標金額を設定しましょう

生活費の中で食費が占める割合は大きいな、と家計簿を眺めるたびに思います。
特に贅沢な食生活をしている自覚もないのに、毎月なんでこんなに食費がかかるのかという悩みは、きっと私だけではないはずです。

多くの主婦の方が少しでも食費を節約しようと、日々工夫をしていることでしょう。

ここでは子供1人を含めた3人家族の食費を想定し、節約についてのコツを紹介していきたいと思います。

実際に私も実践していますが、あらかじめ一ヶ月分の食費を設定しておきます。
目標金額を明確に設定することで、一日当たり、一週間当たりでどれだけの食費を使えるかが明確になるので、食材の買い物もしやすくなりました。

当然月末になると食費に使える残金も少なくなるので、より無駄な買い物をしないという気持ちが強くなります。

目標金額でやりくり出来たときは達成感もありますし、もちろん同時に節約にも成功しているということです。

金額をはっきり認識しているだけでも、かなり節約意識は高まることでしょう。

3人家族の食費を節約するなら買い物に行く回数も決めておくこと

買い物に行く回数を決め、週に何度もスーパーに行かないという方法も効果的な食費の節約です。

食費の目標金額を設定するまでは、私も事あるごとにスーパーに行っていました。
安売りしている商品がある、卵が足りないなどちょこちょこ買いも含めて、週に数回買い物をしていました。

必要に応じてスーパーに行くことが悪いわけではありません。
ただ、私の場合は予定していたもの以外の商品も買うことが多かったのです。

特に子供と一緒に買い物に行くと、アイスが食べたいとかジュースが飲みたいとかリクエストが必ずと言っていいほどあるものです。

「100円だから買ってもいいかな」
この油断は危険ですね。
一度に100円でも、10回だと1000円になります。
1000円のアイスなら買ってもいいなんて気持ちにはなりません。

スーパーに行く回数を減らすことで、つい買ってしまうことも減らすことが出来ます。

スーパーの特売日を活用して食材をまとめ買いすれば3人家族の食費も節約

スーパーに行く回数を減らすには、一度にまとめ買いする必要があります。

まとめて買い物をするなら、特売日を狙うことを強くおすすめします。
同じように買い物をしても、特売日とそうでない日では一度の会計が数百円単位で変わることも珍しくありません。

一度に数百円変わるということは、一ヶ月で2000円も3000円も節約出来るということになります。
この金額は大きいです。

ただまとめ買いすると、食材が傷んでしまうというデメリットもあります。
せっかく特売日にまとめ買いをして節約を意識しても、食材を無駄にして処分してしまっては本当に台無しです。

傷んだ食材だと躊躇なく処分出来ますが、改めて考えるとお金を捨てていることと同じなのです。

このようにならないために、肉や魚は小分けにして冷凍保存したり、野菜は下処理してから保存するなど工夫をして下さい。

レシピ通りではなく食材を無駄なく料理に使うのが節約のコツ

買い物に行くとき、事前にレシピを決めて必要な食材を買うという方法があります。
必要な食材をメモしておけば、買い忘れや無駄買いを防ぐことが出来て、ストレスなく買い物をすることが出来ます。

しかし、実は意外な落とし穴もあるのです。

例えばカブを使うレシピを考えていたとします。
いざスーパーに行ってみると、少々カブの値段が高め。
一方で大根が安売りになっているとしましょう。

大根が安いけど、今週はカブを使うレシピだから高いけどカブを買おう。

レシピをはっきりと決めすぎてしまうと、一見代用がききそうな食材が安くなっていても買うという判断が出来なくなってしまいます。
レシピを決めたがために、高い食材を買わなければならないパターンです。

レシピを決めていたとしても、代用出来るものが安い場合は迷わず他の食材でアレンジしましょう。
アレンジすると節約だけではなく新たな味の発見もあり、レパートリーが広がることもあります。

我が家ではベーコンが高いとき、よく大容量の割安のウインナーで代用しています。
その方がたっぷり使えて、満足感もアップさせられます。

食費の節約は楽しみながらすれば長続きさせることができる

節約ということばかり考えてしまうと、長続きさせることが出来なくなってしまいます。

節約は長続きしないとあまり意味がありません。
細く長く続けられるために、節約を楽しみながら出来るといいですね。

今まで食費を高くしていた原因は何かなど考えることも、謎解きゲームをしながら節約しているようで結構楽しかったりします。

一度の会計が目標金額内におさまると、努力が実を結んで自己満足ではありますが本当に嬉しい気持ちになります。

小さな楽しさを積み重ねて節約することが出来れば、一石二鳥にも三鳥にもなりますね。