自宅焼肉で困る煙対策について!臭いを残りにくくする方法

自宅での焼肉は、家族や仲の良い友達とお金も時間も気にせずに楽しめます。お店で焼肉を食べるとなると、お財布と相談しなくてはいけませんが、家で食べればリーズナブル。しかし、自宅での焼肉は、やはり臭いや煙が気になり、あまり家では焼肉をしないという方も多いようです。自宅での焼肉で煙を抑える方法はあるのでしょうか?
そこで、自宅焼肉でできる煙対策についてご紹介します。臭いが付いてしまった場合にも、臭いが残りにくいように対処しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ラー油の作り方を覚えて、プロ並みの味に仕上げたい

ラー油はピリ辛な旨味があり、中華料理などに大活躍する調味料ですよね。ラー油の作り方は、プロにしか...

鍋を簡単で安い材料費で作りたいけど、どんなコツがあるのか

鍋は基本的に材料を切って煮込むだけなので、簡単で人気のあるメニューですよね。しかし、自分の食べた...

鍋に入れる野菜の切り方!鍋を美味しくする基本の切り方

鍋にはさまざまな種類の野菜を入れますよね。その野菜の切り方も鍋に適した切り方にすると、より美味し...

鍋は簡単で美味しい私達の味方!家族が満足するレシピを紹介

 鍋は食材の旨味が出汁として味わえるので、簡単で美味しい料理の代表格です。 自慢できる自分の...

冷凍ご飯がレンジで固くなる!上手に解凍する方法と冷凍のコツ

冷凍ご飯を電子レンジで解凍すると固くなることがあります。せっかく節約のためにご飯を冷凍して活用したい...

鍋の作り方の基本!下ごしらえや具材を入れる順番・火加減を解説

今まで鍋料理をしたことがない人や料理初心者の人は、鍋の基本の作り方についてわからないものです。彼氏と...

鍋の出汁の作り方とポイント、簡単で美味しい出汁レシピをご紹介

冬に食べたくなる鍋。市販の出汁を使った鍋も美味しいですが、出汁の作り方を学んで、オリジナルの美味しい...

重曹やベーキングパウダーを使ったわらびのアク抜き方法

春になると山菜の季節になり、知人から山菜をいただくということもあると思います。しかし、山菜はアク抜き...

鍋に材料を入れる順番はスープの温度で違う!美味しい鍋の作り方

初めて鍋料理に挑戦しようと考えている人は、どんな順番で材料を入れたら良いのかわからないものです。...

冷凍ご飯でお弁当は夏でもOK!美味しく食べる解凍や冷凍のコツ

冷凍ご飯を使ったお弁当作りは、暑い夏でも問題ありません。ただし、夏はいつも以上にお弁当作りには注...

米の上手な保存法!一人暮らしに最適な場所を取らずに新鮮キープ

一人暮らしの場合にはキッチンも狭く、お米の保存は袋のまま保存しているという方はいませんか?ついついや...

ドライトマトを天日干しで作った時の失敗例と失敗しない作り方

ドライトマトを天日干しで作ったとき、うまく作ることができずにトマトをダメにしてしまった経験がある人も...

鍋の具材におすすめの美味しい魚!鍋と相性の良い魚介類

冬は家族で鍋を囲む機会も増えて、家庭でもいろいろな鍋を楽しむと思います。しかし、具材がどうしても...

IHでフライパンを使った揚げ物を上手に作るコツと注意点

IHコンロで揚げ物をする時には、専用の揚げ物鍋に、規定量のたっぷりの油を注いで作りますが、この油の量...

米の保存は袋のままがNG?冷蔵庫が保存場所に向いている理由

米の保存は袋のままではいけないことをご存知でしょうか?袋に入って販売されているのに、なぜ保存に向かな...

スポンサーリンク

自宅での焼肉におすすめ!無煙ロースターの選び方

自宅で焼肉をする時に困るのが、煙ですよね。部屋中焼肉くさくなってしまいますし、下手したら火災報知機が反応してしまいます。

おすすめ、家庭用無煙ロースター

無煙ロースターを使えば、発生する煙はだいぶ抑えることができます。

無煙ロースターとは?
煙を防ぐため過熱部分に油が落ちない構造になっているグリルのこと。メーカーによって様々な種類のものが発売されており、油を一箇所に落とす構造になっているものや、熱源が上にあるもの、本格的なファンを内臓したものなどもあります。

煙を吸い込むファンを内臓したものは、機種によってはそこそこ音がするものがありますので、例えば自宅でテレビを見ながら食べたい場合は少々うるさく感じるかもしれません。しかし煙はかなりおさえることができます。

無煙ロースターの熱源にはガス式と電気式がある

どちらでも火力に問題はありません。しかしコンセントを繋げない場所や、キャンプなどアウトドアで使用したい場合はカセットコンロタイプのガス式の方がいいですね。

使う場所や、用途に合わせて選ぶようにしましょう。

自宅の焼肉で煙を抑えてより本格的な味にするなら赤外線を使ったタイプ

煙を抑えつつ、味にこだわりたい場合は赤外線を使ったタイプがおすすめです。

赤外線を利用した熱源のものは、中からじっくり高温で焼き上げる

まるで炭火を使って直火焼きしたような素材の美味しさを引き出すことができます。

お肉はジューシーに、野菜は甘みが美味しい仕上がりに

加熱に時間がかかるものもありますが、両面加熱できるものなら幾分か早く調理することができます。

味を重視したい方は断然赤外線を使ったものがおすすめ。味の面では、一度赤外線調理したものを食べたらホットプレートには戻れなくなる、という方も。

無煙ロースターの選び方

プレートや受け皿の取り外しが可能だったり、お手入れしやすいものを選ぶと良いです。焦げつきや油汚れを落とすのは大変なので、洗いやすい構造のものを選ぶようにしましょう。

コンパクトで収納しやすいタイプも人気があります。無煙ロースターの購入を検討するときは収納場所も考えておきましょう。

自宅での焼肉で煙が気になるなら煙が出にくい肉の部位を選ぶ

お肉は脂が多い部位は、その分油が落ち煙が出やすくなります。油が多く煙が出やすい部位、少ない部位を知っておくことも大事です。

  • 脂が多い部位
    国産和牛、カルビ、サーロイン、ホルモン
  • 脂が少ない部位
    輸入産和牛、ハラミ、ロース、ヒレ、ランプ

国産和牛に比べたら、輸入産和牛の方が脂が少ない傾向にあります。

カルビやハラミ(サガリ)はお店でも家庭でも人気の焼肉メニューですが、やはりカルビは脂落ちが多く、その分煙が出てしまいます。その点ハラミは脂身の少ない赤身なので自宅で焼肉をする時はハラミを多めにしたり、と工夫してみましょう。

また水分が多い場合も焼いた時に煙が多く発生します。最初から味付けしてあるタレ付きの肉が売っていますが、煙をおさえるには、タレは焼いてから食べる時につけるようにしましょう。

換気は空気の通り道を作ることを意識

自宅で焼肉をする時は、窓を開けたり換気扇を回して換気するという方が多いですよね。
換気しないと臭いが部屋中にこびりついてしまったり、油っぽくなってしまいがち。それを避けるためにも換気はしっかり行いたいところです。

ただ部屋中の窓を全開にしたり換気扇を回すだけでは上手く空気は循環しません。「空気の通り道」を作ることを意識してみましょう。

ポイント1.開ける窓はすぐ近く

煙や臭いをすぐ循環させるためにも、食べている場所に一番近い窓を開けましょう。
換気扇と挟む位置にある窓だと尚いいです。同時に換気扇をつけます。

ポイント2.空気の通り道を考える

空気の「入口」「出口」を作ってあげましょう。対角線上にある窓を開けるか、高低差のある窓を開けるのがおすすめ。

ポイント2.少しだけ開ける

早く煙を追い出したいために窓は大きく開けてしまいがちですが、少しだけ開けるのが空気の循環を良くするポイント。そうすることによって、大きく開けた時より空気の流れが強くなります。10cm~15cm程度でOKです。部屋の室温も変わりにくくなります。

もし窓が少なかったり風通りが悪い場合は、扇風機を利用してみましょう。

臭いが付いてしまった後の消臭方法

色々と対策をしても避けられないのが部屋に付着する臭い。カーテン、カーペット、ソファーなど布製品だけでなく、油や煙が家具に付着してしまうことも。
あらかじめ新聞紙をかけて対策をするという方法もありますが、もし臭いが付いてしまった時は、以下の消臭方法を試してみてください。

消臭スプレーを使う

すぐに洗えない布製品などは消臭スプレーを駆使しましょう。ただ臭いがついてしまった範囲は広いので、消臭スプレーだけではとりきれないことがあります。

床や壁を水拭きする

臭いや油汚れは実は家具や布製品だけでなく、床や壁にも付着している可能性があります。水拭きするか、少量の中性洗剤を使って拭き取りましょう。

濡れタオルを振り回す

わりと効果が高いのがこの方法です。濡らして、しっかりと絞ったタオルを空中で振り回すと水分が部屋の臭いを吸収してくれます。しっかり絞らないと部屋に水分が飛んでしまうので気をつけてください。部屋を移動しながら全体的に行うといいですよ。

茶葉を炒る

茶葉にはカテキンが含まれており、カテキンは消臭効果があります。フライパンに茶葉を一掴み程度入れて弱火にかけ、燻していくと煙が出てきます。

煙が出たら火を止めて、フライパンを持ち歩きながら部屋を移動してカテキンを行き渡らせましょう。

出がらしの茶葉を使ってもOKですし、炒った茶葉は、布に入れて包んだら靴箱の消臭剤としても再利用可能です。