ラー油の作り方を覚えて、プロ並みの味に仕上げたい

ラー油はピリ辛な旨味があり、中華料理などに大活躍する調味料ですよね。
ラー油の作り方は、プロにしか出来ないなんて思っていませんか?
実は自分のお家でも作れちゃうんです。
基本の作り方を覚えれば、後は自分なりのアレンジを加えて、オンリーワンのラー油を作ることも出来ます。
そんな美味しいラー油の作り方や、出来上がったラー油を活用するレシピなどについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鍋の保温調理は忙しい主婦の味方!カバーや家にあるもので簡単に

煮込み料理は、長時間鍋を煮込まなくてはいけないものも多く、面倒でガス代も気になるという方も多いと思い...

フライパンで焼肉を美味しくジューシーに焼くコツ

お店で食べる焼肉はジューシーで香ばしく、家でフライパンで焼くお肉とは全然違いますよね。フライパン...

鍋の具材におすすめの美味しい魚!鍋と相性の良い魚介類

冬は家族で鍋を囲む機会も増えて、家庭でもいろいろな鍋を楽しむと思います。しかし、具材がどうしても...

米の保存は袋のままがNG?冷蔵庫が保存場所に向いている理由

米の保存は袋のままではいけないことをご存知でしょうか?袋に入って販売されているのに、なぜ保存に向かな...

ナスの保存方法!切った後のナスの保存方法と賞味期限の見分け方

ナスを料理に使う目的で切った後に、ナスを使い切れずに困ってしまうこともあります。切った後のナスは、一...

美味しい鍋を食べたいなら、具材を入れる順番が大切です

冬に食べると特に美味しい鍋ですが、作る時に具材を入れる順番について気にしたことはありますか?最初...

節約食費【3人家族】無駄なく無理なく食費を節約する方法

節約を考えるなら食費を減らすことが大切。では、3人家族での食費を節約するにはどうしたらいいのでし...

鍋に入れる材料の順番でより美味しく!具材に適したタイミング

家で鍋をする時に、材料を入れる順番に気を付けたことはありますか?何となく材料をどんどん入れている...

IHでフライパンを使った揚げ物を上手に作るコツと注意点

IHコンロで揚げ物をする時には、専用の揚げ物鍋に、規定量のたっぷりの油を注いで作りますが、この油の量...

ナスの天ぷらの切り方とサクサク・美味しく揚げるコツを解説

ナスの天ぷらを作ったとき、切り方がわからずに綺麗な仕上がりにならないことがあります。綺麗な見た目にナ...

ドライトマトを天日干しで作った時の失敗例と失敗しない作り方

ドライトマトを天日干しで作ったとき、うまく作ることができずにトマトをダメにしてしまった経験がある人も...

ホットケーキミックスの代用に天ぷら粉を使うコツやおすすめ

ホットケーキミックスがないときは代用に天ぷら粉が使えるのを知っていますか?ただし、ホットケーキミ...

茶碗蒸しを器大きめで作りたい!失敗しにくい茶碗蒸しの作り方

大きめな器で茶碗蒸しを思いっきり食べてみたいと思ったときが、どでか茶碗蒸しを作るベストなタイミングと...

茶碗蒸しを簡単に作るレシピ。決めては『白だし』アレンジ色いろ

 茶碗蒸しを簡単に作る方法として『白だし』を使う方法があります。 卵のタンパク質を摂取しよう...

鍋の残り汁を美味しくリメイク!旨みを生かたアレンジレシピ

鍋にはいろいろな具材が入り、美味しいダシがたっぷりと出ています。鍋の最後にはご飯を入れて雑炊にしたり...

スポンサーリンク

プロもやってるラー油の作り方

ピリッと辛い油のラー油。

市販しているラー油を見ただけでは時別なものが入っていたり着色しているのではないかなど、自分で作るなんて難易度が高い感じがしてしまいます。

しかし、よくお目にかかる材料だけでとっても美味しいラー油を作る事ができます。

手作りラー油に必用な材料とレシピ

  • サラダ油 200グラム
  • 長ネギの青い部分 20グラム
  • 鷹の爪
  • スライスした生姜 20グラム
  • 唐辛子粉末 50グラム
  • 水 15グラム

作り方

  1. 長ネギの青い部分を5センチの長さに切ります。
  2. 鷹の爪は縦に半分に切り種が入ったまま使います。
  3. 生姜は皮をデザートスプーンを使って簡単にむきます。全部綺麗にむく必要はありません。皮をむいた生姜を0.5センチの幅でスライスします。
  4. フライパンに油を入れて熱します。1で用意した材料を長ネギ、生姜、鷹の爪の順に入れて油で揚げて行きます。弱火のままじっくりと油に材料の香りをつけていく事が大事です。油の量が少ない場合は油をすくって材料の上からかけましょう。
  5. 耐熱性のある入れ物に唐辛子の粉末を静かに粉が飛ばないように入れます。
  6. その中に水をまわしいれ、ゴム手袋を履き手で唐辛子全体に水が行き渡るようにかき混ぜます。唐辛子全体が湿った状態になり軽く握った時に一瞬固まるくらいになったらOKです。
  7. 油に香りが移ったら3に油を注いでいきます。熱いうちに行い唐辛子に熱が入るように少量ずつまわしながら入れましょう。
  8. 熱さで辛味が部屋の中に充満する事があるため換気扇を回すなどの準備をしましょう。
  9. 全部入れたら冷めるまでそのままふたをせずに放置しましょう。
  10. 冷めたら粉末の唐辛子もすべて入れ物に移し保存しましょう。

1ヶ月くらいは風味と辛さを楽しみながら美味しく頂く事ができるでしょう。

ラー油をもっと簡単に、だけどプロ並みの仕上がりに出来る作り方

  • サラダ油 100グラム
  • 一味唐辛子粉末 50グラム
  • 花椒(ホアジャオ)ホール 中国のスパイス 5グラム
  • あらびき胡椒 8グラム
  • 塩 5グラム

ホアジャオは四川風料理やカレーの隠し味などに使ったり、辛味を使った料理できんぴらや野菜や魚介の炒め物にスパイスとして使う事ができます。使いきれない場合は参考にしてください。

  1. 鍋に油を入れて温めます。
  2. ホアジャオを入れてホアジャオの香りを油に移します。唐辛子を粉末が舞わないようゆっくり入れて焦げない温度で唐辛子を揚げます。
  3. 油に色が付いてきたらゴマを入れます。はねないように菜ばしを使ってかき混ぜましょう。火を止めて塩を入れてかき混ぜたら出来上がりです。

焦げないよう目を離さず火加減を調整しましょう。

プロも納得な、食べるラー油の作り方

  • サラダ油 180グラム
  • たまねぎ 200グラム
  • 砕いたピーナツ 50グラム
  • 乾燥したスライスにんにく 35グラム
  • 白ゴマ 20グラム
  • 鷹の爪 5本
  • 塩ラーメンの素 1、5グラム
  • きび糖 17グラム
  • 醤油 20グラム
  1. たまねぎを1センチ四方くらいの大きなみじん切りにし小麦粉を振ってバットに平らにしておきます。
  2. ピーナツと乾燥したにんにくをジッパーつきの袋に入れて麺棒を使って砕きます。
  3. 鷹の爪は輪切りにし中の種も一緒に使います。
  4. 1から順に熱した油の中に入れます。1が上がったらすくい網を使ってキッチンペーパーの上に上げ、その油を使って2を上げあがったらすくいあげます。
  5. 同じ油を使って鷹の爪をいれ油に鷹の爪の色が付いたら一度火を止めます。その中に4を入れ塩ラーメンの素、きび糖、を入れてゆっくりかき混ぜましょう。粗熱が取れたら入れ物に入れて保存しましょう。

めちゃうま!ラー油を使ったタレの作り方

  • 酢 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • すり白ゴマ 小さじ2
  • ラー油 小さじ2
  1. 小鉢に酢と醤油を入れて箸を使って混ぜます。
  2. 1にラー油を入れてさらに混ぜます。
  3. すりゴマを入れて出来上がりです。

餃子やしゃぶしゃぶなど万能に使ってみましょう。

ラー油で料理がもっと美味しくなる活用術

ユッケジャンクッパ風(1人分)

用意する物

  • ラー油(細かく粉末状になった唐辛子が入っている場合はそれも入れます。) 大さじ2
  • にんにくチューブタイプ 1センチ
  • 牛肉 50グラム
  • 人参 1本の半分
  • もやし 50グラム
  • しいたけ 1個
  • わらび 60グラム
  • ごま油 ひとまわし
  • 顆粒のダシ
  • 水 200CC
  • 白米 200グラム

作り方

  1. お鍋を熱しその中にラー油とにんにくを入れます。しっかりと香りが出るまでいためるとラー油の中の粉末唐辛子の香りがします。
  2. 1の中に細かく切った牛肉を入れてしっかりとラー油が絡むようにいためます。
  3. 人参、もやし、しいたけ、茹でたわらびの順に入れて炒めます。人参、もやし、しいたけはあらかじめナムルにしておくと炒めるときに楽です。
  4. 顆粒のダシと水を加えてさらに沸騰するまで火にかけ、沸騰したら火を止めてごま油を垂らします。
  5. 大き目の丼に炊いた白米を入れて出来上がったスープを上から入れます。

辛味の調整は後から足すことができます。辛さを抑えたい場合は生卵やチーズを入れて食べるとまろやかになります。